設置方法

Pekoto skip 設置方法

1.突っ張りタイプ

※画像クリックすると拡大ができます

  1. 梱包箱を空け、取扱説明書にてセット内容の確認をしてください。

    ◆セット内容
    1. ①ピラー(柱)7本
    2. ②ジョイント(菅抜き)6個
    3. ③スキップ(棚)2枚
    4. ④アジャスター(固定具)天井側ネジ式1個 床側1個
    5. ⑤簡易スパナ 1個
  2. 設置場所付近の広い場所を選び、ピラーを7個並べてください。

    (注:表裏を合わせてください)

  3. ピラーとピラー間にある空間に、それぞれ6箇所ジョイントをはめ込んでください。

    (注:強めに嵌めてください)

  4. アジャスターを上下に嵌めてください。

    (注:天井側と床側を間違えないようにしてください)

  5. 組み上がったセット品を設置したい壁に立てかけます。

    (注:倒れないように注意してください)

  6. 脚立を準備してください、天井側アジャスターネジを付属のスパナにて回して突っ張ってください。

    (注:倒れないか固定状態を確認してください)

  7. スキップをお好みの位置に2枚セットして完了です。

アジャスターには滑り止めが付いています。
設置する床はフローリング又はシート張りで、じゅうたんは絶対に避けてください。

2.壁固定タイプ

※画像クリックすると拡大ができます

  1. 梱包箱を空け、取扱説明書にてセット内容の確認をしてください。

    ◆セット内容
    1. ①ピラー(柱)1本
    2. ②スキップ(棚)1枚
    3. ③トグラー(固定具)4本
    4. ④型紙1枚
  2. 取付の壁は石膏ボードのみです、下記の確認をしてください。

    ①壁の目立たないところに、手持ちの針を刺してみてください、白い粉が付くと石膏ボードです。
    刺さらないときは、コンクリートまたは木材等別の素材になりますので、取付不可です。

    ②①ではっきりしない場合は、コンセント口を外す方法があります。
    コンセント口を外すと壁の断面が見えます、白い粉が付いていると石膏ボードです。

    (注:この確認をする場合は、必ず安全のためブレーカーを落としてください)

    ③下地(木材)がある場所は設置できませんので、避けてください。
    見分け方は、手で叩いて「コンコン」となればそこは空洞です、音が高く変われば下地があります。
    他、長めの針を準備し、石膏ボード厚みはほぼ9.5mmと12.5mmになります、奥まで刺されば下地はありません。

    (参考:市販の下地センサーというものがあります、分かりにく方は使用してみてください)

  3. 取り付けたい位置に、型紙をテープで止め、トグラーの位置を鉛筆等でマーキングします。

  4. プラスドライバーで、マーキング箇所に穴を開けます。
    ※軽くねじって押していくと石膏ボードは簡単に穴が開きます。

  5. ピラーの取付穴とマーキング穴を合わせます、プラスドライバーでトグラーを4箇所止めてください。

  6. スキップ(棚)セットし、完了です。